夕方の口臭はなぜ強い?その理由と覚えておきたい対策方法とは

口臭は24時間の間、常に一定しているものではなく、時間帯によって強くなる時があります

 

つい油断してしまい、後悔してしまうのが夕方の口臭。

 

仕事やデートなどで、恥ずかしい経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

夕方だからこそ、気を抜かずにエチケットしたいですね。

 

ここでは、夕方に口臭が強くなる原因や対策方法について、詳しく解説していきましょう。

口臭は時間帯によって変わる

 

口臭が一番強いのは、朝起きた時

 

口臭の原因となる悪玉ガスの「メチルメルカプタン」は、起床時が最も濃度が高くなり、歯磨きをした後に濃度が激減します。

 

朝に口臭が強くなるのは、睡眠中の唾液量が少ないためで、口内の菌のバランスが不安定になることが原因。

 

いびきをかいて寝る人は、口呼吸になり口内が乾燥しやすくなっているので、起床時の口臭が強くなっていることが多いでしょう。

 

次に口臭が強くなるのが、食事前の空腹時

 

空腹になった時の口臭はなぜ発生する?口臭を抑える予防法は?

 

何も食べていない間は、咀嚼をしないことや水分量が不足することで唾液が減少し、口内で臭い菌が発生しやすくなっています

夕方の口臭が強くなる原因

夕方に口臭が強くなるのは、昼食前の空腹時のメカニズムと同じで、1日の疲労によりさらに体の免疫力も低下し、菌が繁殖しやすい状態だから

 

それに合わせて、コーヒータバコなどの臭いも残っているため、とても不快な口臭となってしまいます。

 

また、午後のおやつを食べた後に、口内に食べかすが残っていると、そこから菌が繁殖する可能性もありますよ。

夕方の口臭に効果的な改善策について

 

夕方に気になる口臭に対して、有効な対策方法を紹介します。

ガム

夕方は、唾液が少なくなる要因が色々ありますので、臭いが気になる前にガムを噛んで唾液を多く分泌させましょう。

 

ガムには、ミントなどの爽快な香料が含まれているので、恥ずかしい口臭をごまかすにも大変便利。

 

満員電車の中で口臭が気になる時にも、ガムを噛んでおけば安心ですね。

 

ガムで口臭予防ができる!?実は口臭のにおいをごまかしているだけ

水分補給

口の中が乾燥していると、悪玉ガスの原因となる菌が繁殖してしまいます。

 

水分補給をして口内の乾燥を防ぐと、菌のバランスが安定。

 

ミネラルウォーターや、消臭作用のあるカテキンが入っているお茶などがよいでしょう。

 

カフェインが多いコーヒーや糖分の多い炭酸飲料は、逆に菌を多く発生させる原因になります。

 

また、カフェインは利尿効果があるため、水分不足をさらに進行させる原因になるので注意しましょう

おやつを食べる

夕方は、お腹が空きはじめると口臭が強くなります

 

少しおやつを食べておくと胃腸機能も安定しますし、咀嚼により唾液の分泌量が増加。

 

夕食前なので、あまりお腹にたまるようなおやつや、甘いお菓子だと肥満や虫歯のリスクが高くなりますので、果物ナッツ類などを食べるとよいでしょう。

 

口臭と肥満については「太っていると口臭がキツくなる?!肥満がくさいと言われる原因は?」で詳しく解説しています。

口臭サプリメント

口臭サプリメントは、習慣的に行うエチケットなので、1日の口臭が気になる時間帯いつでも活用できます

 

消臭成分が体内から効果を発揮し、お腹が空いている時の口臭対策にもぴったり。

 

外出先でおやつを食べられない時など、いつも口臭サプリを携帯をしてると安心ですよ。

まとめ

朝歯磨きして外出しても、1日口臭が消えているわけではありません。

 

口内の原因や、胃腸の働きによる原因など様々な要因がありますので、口臭サプリで手軽に臭い対策をすることがオススメです。

 

夕方なので大丈夫、なんて油断すると周囲に強い口臭で迷惑をかけているかもしれませんよ。

 

体の内側から、しっかり口臭を改善してくれる口臭サプリをどんどん活用しましょう。