焼肉の後の気になるくさい口臭。原因とその対策方法を教えます!

焼肉はおいしい上に、みんなで鉄板を囲んで食べることで、楽しい時間を過ごすこともできますよね。

 

でも、食べた後の口の臭いが気になるという人は少なくないでしょう

 

焼肉の後の口臭の原因といえば、タレなどに入っているにんにくを思い浮かべる人も多いはず。

 

それに加えて、焼肉と一緒に食べられることの多いキムチお酒、肉そのものも口臭の原因となっているのです。

 

だからといって、焼肉を食べることを我慢するのは嫌ですよね。

 

ここでは、焼肉を食べた後の口臭を防ぐ対策方法などを解説していきましょう。

焼肉には口臭の原因になる要素がいっぱい

 

焼肉を食べる時、サイドメニューやお通しとしてキムチを一緒に食べるというケースが少なからずあります。

 

口臭を気にしないでキムチが食べたい!臭いの対策法を紹介

 

キムチにもにんにくが使われていることはもちろん、発酵食品独特の発酵臭や旨み付けのための塩辛に含まれる魚介類の生臭さも相まって、口臭が強くなりやすい食べ物。

 

また、お酒に含まれるアルコールは、肝臓で分解される際に悪臭のあるアセトアルデヒドという有害物質が発生。

 

飲みすぎるとアセトアルデヒドが体に残り、血液に溶け込んで全身を巡って肺まで到達し、口から息と一緒に排出されることで口臭となるのです。

 

そして、肉に含まれる動物性のたんぱく質は胃や小腸で消化しきれず、多くは大腸で分解。

 

大腸の中で、悪玉菌が動物性たんぱく質を分解する際に、悪臭成分が発生します。

 

それが血液に取り込まれて肺まで到達し、口から排出されて口臭の原因となる場合も。

 

ちなみに、肉を食べると臭いおならが出やすくなるのも、これが原因だといわれています。

 

このように、焼肉は口臭が発生しやすくなるリスクの高い食べ物だといえますね。

 

口臭と肝臓に関しては「肝臓が原因の強い口臭も徹底消臭!口臭サプリで息もスッキリ!」で詳しく解説していますよ。

焼肉を食べる前・食べているときにできる口臭予防の方法は?

 

焼肉を食べる前の口臭予防の方法や、一緒に食べると口臭を防げる食べ物を紹介します。

 

まず可能であれば、食べる前か食べている時に牛乳を飲みましょう

 

牛乳に含まれるたんぱく質が、にんにくに含まれる臭いの原因成分であるアリシンを包み込んで吸収されにくくし、臭いを抑えてくれます。

 

またパセリには、アリシンを分解する働きのあるアルファーピレンという成分が含まれているため、口臭予防が期待できますよ。

焼肉を食べた後の口臭対策方法は?

 

食後に、日本茶紅茶を飲むのも口臭対策にオススメ。

 

紅茶は口臭予防に効果あり!そのすごさの理由と注意点は?

 

日本茶にはカテキン、紅茶には紅茶ポリフェノールという消臭効果のある成分が含まれています。

 

また、ポリフェノールを含むりんごを食べるのも良いでしょう。

 

果汁100%のりんごジュースでも、同様の効果が期待できますよ。

 

但し、にんにくに含まれるアリシンは体内に吸収されるのが早いため、アリシンによる臭い対策には、これらを食後1時間ぐらいまでに摂るのが良いでしょう。

 

その他にも、

  • 食べた後の入念な口腔ケア、ブレスケア
  • BREOなどの口臭清涼剤の使用
  • お風呂で汗をかいて、アセトアルデヒドの排出を促す

といった方法も、にんにくやお酒が原因の口臭にはある程度の効果が期待できますよ。

 

そして、腸内環境を整えてくれるヨーグルトなどを食べることで、肉が腸内で分解される際に出る臭い物質の発生を抑制できると考えられます。

まとめ

焼肉を食べた後の口臭は、病気が原因のものとは違い、一時的なものです。

 

しかし、焼肉を食べた後に約束がある場合等は、事前に口臭を防ぐ対策をしておくのがベストですね。

 

さらに、口臭サプリメントを活用することで、臭いを効率的に改善することができるでしょう。