歯のブリッジが原因で口臭が発生することも!その対策法は?

抜歯や事故などで歯を失った際の治療法として、入れ歯やインプラントの他に、ブリッジ治療と呼ばれるものがあります。

 

ブリッジ治療とは、無くなった歯の両隣の歯を削り、その歯の上に「ブリッジ」と呼ばれる人工の歯を被せることにより、失った歯を補うもの。

 

失った歯の両隣の歯を橋げた代わりにして、口の歯=ブリッジを渡すという治療方法です。

  • 入れ歯よりも噛んだときの違和感が少ない
  • インプラントよりも安価で治療期間が短い
  • 体への負担が少ない         など

このような理由から、ブリッジ治療を選ぶ人も少なくないようですね。

 

しかし、そのブリッジが原因で口臭がきつくなったというデメリットも

 

ここでは、ブリッジが原因で口臭が発生する理由や、予防方法を詳しく解説していきますね。

ブリッジが口臭の原因になることも

 

ブリッジと歯茎の間に食べかすや歯垢が溜まりやすく、それが口臭の原因となることがあります。

 

歯周病の原因菌が溜まった歯垢の中に住み着くと、悪臭を放つガスが発生して、それが口臭に

 

また、ブリッジを被せた歯は虫歯になりやすいため、虫歯による口臭が発生するリスクも高まります。

 

ブリッジを被せた歯が虫歯になりやすい理由としては、治療から時間が経つに連れてブリッジが劣化。

 

すると、ブリッジと歯の間に隙間ができ、その部分に歯垢が溜まりやすくなることが考えられるでしょう。

 

歯周病からくる口臭の原因と対策は?サプリで息をスッキリ消臭!

ブリッジ治療後の口臭を防ぐには?

ブリッジによる口臭を防ぐには、ブリッジと歯茎の間、あるいはブリッジとそれが被さった歯の間に、歯垢を溜めないようにすることが大切です。

 

歯磨きをする時は、歯・ブリッジと歯茎の間に歯ブラシの毛先が入り込むようにして丁寧に磨きましょう。

 

口臭が歯磨きで解決できないときには口臭サプリがオススメ

 

力を入れず優しく小刻みに磨くと、歯や歯茎を傷付けることなく汚れを落とすことができます。

 

毛先が一塊になった、ヘッドの小さな「ワンタフトブラシ」と呼ばれる歯ブラシを併用するとより効果的ですよ。

 

ワンタフトブラシは、普通の歯ブラシでは磨きにくい、小さな隙間もきれいに磨くことができます。

 

その他、細めの歯間ブラシやデンタルフロスを使うのも良いでしょう。

 

また、発泡剤が含まれていない歯磨き粉を使うと、歯茎とブリッジの狭い隙間の汚れを観察しながら磨くことができるのでオススメですよ。

ブリッジによる口臭を防ぐためにも、必ず定期検診を!

 

日頃から丁寧に歯を磨き、歯垢を溜めないよう心がけると同時に、半年に1度は歯科で定期健診を受けるようにしましょう。

 

ブリッジの劣化などによるトラブルや、虫歯・歯周病の早期発見により、口臭の発生リスクの低減が期待できますよ。

 

歯槽膿漏の独特な臭いって?口臭をチェックして早期治療と対策を!

 

また、ブリッジを被せた歯は抜けた歯の分まで噛むときの負担がかかるため、ヒビが入ったり割れてしまうというケースがあります。

 

歯のヒビや割れた部分から、歯周病菌や虫歯菌が入り込みやすくなるでしょう。

 

歯根にヒビが入った場合は見かけではわからないため、放置されて歯周病や虫歯が進んでしまうことも少なくありません。

 

そんな場合でも、定期健診を受けていれば、悪化しないうちに治療することができますね。

まとめ

歯のブリッジが、口臭の元になる可能性があることがわかりました。

 

ブリッジ治療をする際には、セルフケアの方法を歯科医にきちんと聞くことも重要です。

 

ブリッジ治療を検討している人は、不安なことや分からないことが少しでもあったら必ず歯科医に確認しましょう。

 

日頃からのケアと一緒に、口臭サプリメントを活用して、気になる口臭のケアをすることをオススメします。