食道裂孔ヘルニアと口臭の関係は?病気による強い口臭は要注意!

口臭は、口の中が原因になるだけでく、病気の症状として表れる時があります。

 

この場合は、歯磨き等でケアをしても、根本的な病気が改善されない限り口臭は消えません

 

口臭を招く病気のひとつに、食道裂孔ヘルニアがあります。

 

ここでは、食道裂孔ヘルニアについてどんな病気か、口臭との関係等について解説していきましょう。

食道裂孔ヘルニアはどんな病気?

食道裂孔ヘルニアは、胃が食道裂孔に上がってしまう病気で、肥満体型喘息などの持病を持っている人に多く見られます。

 

太っていると口臭がキツくなる?!肥満がくさいと言われる原因は?

 

腹部に圧力が加わることや、矢先天的に食道裂孔のサイズが大きい場合も要因になり、胃が脱出しやすくなるのです。

 

食道裂孔ヘルニアは、自覚症状がない場合も多く、そのまま放置してしまうと深刻な機能障害を招く可能性も。

 

胸がつっかえるような症状、胸やけ、胸の痛みなどを感じるようになったら注意が必要なので、すぐに病院で診察を受けてください。

 

また、食道裂孔ヘルニアは、常に腹圧をかける状態が要因になります。

 

ベルトをきつく締める人、姿勢が常に悪い人なども可能性があり、腹圧を上げないように意識することが大切。

 

さらに、コーヒー喫煙なども食道裂孔ヘルニアの原因になりますので、珍しい病気でなく誰にでも起こる病気であること知っておきましょう

食道裂孔ヘルニアになると口臭が強くなる理由

 

食道裂孔ヘルニアの症状として、口臭があります。

 

この病気は、食道が横隔膜が通過する部分の隙間より、胃の上部が胸に向かって飛び出している状態。

 

そのため、胃液が逆流したり胃の働きを低下させるので、胃の中の臭いが上に上がりやすくなってしまいます。

 

口臭は、食道裂孔ヘルニアが発覚する最も多いサインともいわれて、同時に逆流性食道炎を併発して発見することも。

 

口臭と逆流性食道炎については「逆流性食道炎が原因のきつい口臭には治療と口臭サプリで対策を!」で詳しく解説していますよ。

 

胃の中では食べ物が分解消化される際に、腐った卵のような腐敗臭を発生させる場合がありますので、不快な口臭が続く場合は要注意しないといけません

 

口臭が強い時は、つい口内に原因があると誤解しやすいのですよね。

 

しかし、胃腸内からくる臭いはとても強烈な場合が多いので、おかしいなと思った時はすぐに病院で相談しましょう。

病気の改善が口臭対策にとって重要!

 

食道裂孔ヘルニアによる口臭を改善するためには、根本の病気治療をしないといけません

 

外科的な手術を行い、胃の一部を元の状態に戻す処置が行われますが、食道裂孔ヘルニアの人は食生活でも注意したい点がいくつかあります。

 

残念ながら、食道裂孔ヘルニアを治す食べ物というものはありません。

 

悪化させないように、摂取を控えるべき食べ物がありますので注意しましょう

 

例えば、油っぽい食べ物や酸っぱい食べ物は、消化に時間にかかり胃腸の負担になります

 

軽症の場合は、食事管理で症状が軽減する場合もありますので、必ず医師の指示に従ってくださいね。

 

すぐに根本的な原因の改善はできないものの、歯磨きや水分補給などで、口内の状態を安定させることも口臭を軽減させる方法のひとつです。

まとめ

病気が原因の口臭は、いつまでも臭いが消えません

 

それに伴い、体調に異変を感じることも。

 

食道裂孔ヘルニアの場合、口臭が病気の症状のひとつになっています。

 

自覚症状がない病気なので、口臭がきつくなった等の異変を感じた場合は、病院へ行くことをオススメします。

 

また、早期発見することが、病気治療と口臭改善にも有効になりますので、定期的な健康診断も忘れずに行いましょう。