口臭対策に緑茶が効く!効果的な飲み方とお茶うがいもオススメ

緑茶に含まれるカテキンには、殺菌作用や消臭作用があり、口臭の予防や改善に効果的だといわれています。

 

カテキンは、緑茶の渋みの元になる成分。

 

殺菌・消臭作用の他にも、糖尿病高血圧老化肥満の防止などにも、効果があるという効果も実証されているのです。

 

口臭と肥満については「太っていると口臭がキツくなる?!肥満がくさいと言われる原因は?」で詳しく解説していますよ。

 

ここでは、緑茶で口臭を防ぐための効果的な飲み方や、注意する点などをご紹介していきますね。

緑茶が口臭を防いでくれる理由は?

口内の悪玉菌が発生させる、硫化水素メチルメルカプタンといったガスや、虫歯歯周病が口臭の原因となることが多いですよね。

 

硫黄臭がするようなひどい口臭でも徹底改善する方法

 

緑茶のカテキンは、口内で嫌な臭いを発生させる悪玉菌や、虫歯・歯周病の原因菌を殺してくれるため、口臭を防ぐことができます

 

また、臭いの強い食べ物を食べた後に緑茶を飲むと、カテキンが悪臭を放つ成分に直接働きかけて化学変化させる効果が。

 

にんにく臭い口臭を改善する方法!原因を解消して口臭すっきり

 

その成分自体を消すことにより、臭いを緩和する効果が期待できるのです。

 

そして、意外と知られていないのが、緑茶の旨み成分である「テアニン」というアミノ酸の効果。

 

ストレスが溜まると、胃腸の調子が悪くなり、それが口臭の元となることがあります。

 

テアニンにはリラックス効果があるため、ストレスによる口臭を防ぎやすくなるのが特徴ですよ。

緑茶の口臭対策効果を高めるには

 

緑茶で口臭を予防するには、ペットボトルの緑茶よりも、直接茶葉から淹れたお茶の方がより高い効果が期待できます。

 

緑茶は一気にゴクゴク飲むよりも、少しずつ1日に何度も飲んだ方が効果的ですよ。

 

また、緑茶を飲むだけでなく、緑茶でうがいをするのも口臭対策に高い効果があるのでオススメ。

 

特に、起きた直後は口内の唾液量が減っていて、口臭の原因となる菌が増えて活性化した状態になっています。

 

起きてすぐ緑茶を飲んだり、緑茶でうがいをすると口臭予防になりますよ。

 

紅茶でうがいも効く?!詳しくは「紅茶は口臭予防に効果あり!そのすごさの理由と注意点は?」で解説しています。

 

さらに、緑茶の葉を直接口に入れて、噛むのも口臭対策に良いとされています。

 

茶葉の味が苦手でない人は、こちらの方法もぜひ試してみて下さいね。

口臭対策に良い緑茶も摂りすぎると逆効果に

 

極端な量の緑茶を飲むと逆効果になったり、健康を害してしまうこともあるため注意が必要

 

緑茶にはカフェインが含まれており、このカフェインには交感神経を刺激し、唾液の分泌を抑えてしまう作用があります。

 

口臭の原因は唾液が臭いから、唾液のにおいを消す方法

 

その結果、口内の悪玉菌の活性化を防いだり、汚れを洗い流したりするための唾液が減り、逆に口臭が強くなってしまう恐れが!

 

また、カフェインの利尿作用によって体内の水分が奪われ、唾液の分泌減少に拍車をかけてしまう可能性があります。

 

その他にも、緑茶に含まれるタンニンという成分が鉄イオンと結びついて、鉄分の吸収を妨げる作用があるため、貧血の人は特に注意しましょう。

 

目安としては、1日に湯呑み10杯程度までが口臭対策や美容・健康に良いとされています

 

緑茶で口臭対策をしたいけれど、カフェインなどの副作用が心配という人は、緑茶うがいをメインにすると良いでしょう。

まとめ

緑茶は口臭を抑制する効果があり、お茶うがいも口臭予防効果があることがわかりました。

 

しかし、飲み過ぎると逆に悪影響をもたらし、健康を害してしまう恐れがあります。

 

摂取量を守り、口臭だけではなく、身体の内側からきれいになりましょう。

 

また、同時に口臭サプリメントを活用すると、気になる口臭に直接働きかけてくれるのでオススメですよ。