くしゃみがくさい原因は何?病気が隠されているサインかも!?

マスクをしてくしゃみをしたり、くしゃみをして手を覆ったりした後…

 

マスクや手に付いた唾液から、嫌な臭いがしたという経験はありませんか?

 

口内の唾液の臭いは気にならないのに、なぜくしゃみをするとくさく感じるのでしょうか

 

その原因と対策について詳しく解説していきましょう。

臭いくしゃみはどうして出るの?

原因の1つは、舌に付いた「舌苔」と呼ばれる白い汚れ。

 

舌苔(ぜったい)が治らない口臭の原因?治療する方法とは?

 

これが溜まると、舌苔をえさとする口内の悪玉菌が悪臭のあるガスを発生させるので、唾液が臭くなるのです。

 

食後の歯磨きのついでに、舌ブラシなどで舌を磨くのがその予防となりますよ。

 

舌を磨きすぎると、舌が傷付いてしまいます。

 

それは傷の修復のために、舌の表面の粘膜から分泌される粘液に細菌が付着しやすくなるので逆効果に。

 

舌磨きをする時は、舌を傷つけないよう優しく行いましょう

口内の乾燥でもくしゃみが臭くなる

 

寝起きの時や、緊張などで口の中が乾燥していると、口内で悪臭を放つガスを出す菌などの活動を抑えます。

 

気になる朝の口臭をきれいに!口臭サプリで臭いの心配いらず!

 

すると、汚れを洗い流すための唾液が減るため口臭が強くなり、くしゃみのときに出る唾液もくさくなるのです。

 

こんな時の唾液は、口内のたんぱく質などが濃縮されていてネバネバししています。

 

しっかり水分を摂る、よく噛んで食べる、口呼吸にならないように気をつける、ガムなどを噛むといった方法で口の中の乾燥を防ぎましょう。

 

また、コーヒーなどカフェインの入った飲み物は交感神経を刺激し、唾液の分泌を抑えてしまうので、飲み過ぎないようにすることが大切です。

口内環境を整えることがくしゃみの臭い対策に

歯周病虫歯といった口内のトラブルを抱えていると、くしゃみも臭くなります

 

以下のような口内トラブルの予防によって、くしゃみの臭いも予防できますよ。

  • 丁寧に歯を磨く
  • デンタルフロスや歯間ブラシなども使って歯垢を残さないようにする
  • 洗口剤で口の中を清潔にする

膿栓がくしゃみの臭いの元かも

 

くしゃみをしたとき、白っぽい、あるいは黄色っぽい小さな塊が出てきたという経験はありませんか?

 

この塊は「膿栓(のうせん)」と呼ばれ、強烈な臭いを放ち、くしゃみの臭いの原因のひとつ。

 

膿栓(臭い玉)の取り方とは?膿栓のにおい対策で口臭を予防!

 

膿栓は、喉の奥の左右にある扁桃から分泌され、口腔内に侵入しようとした細菌の死骸や、細菌を撃退した後の白血球の残骸でできています。

 

膿栓は扁桃のデコボコした部分に溜まりやすく、なかなか取れないのですが、無理に取ろうとすると喉を傷付ける恐れがありますので注意しましょう。

 

よくうがいをして、自然に取れるようにするのがベターです。

 

もし、どうしても膿栓の臭いや不快感が気になる場合は、耳鼻咽喉科に行って診てもらうと良いでしょう。

くしゃみの臭いは、鼻の病気の可能性も

蓄膿症になった場合も、臭いくしゃみが出ることがあります。

 

口臭と蓄膿症については「蓄膿症が原因の口臭ってどんな臭い?症状に応じた対策で改善!」で詳しく解説していますよ。

 

蓄膿症になると鼻水が多くなり、鼻水が喉や鼻腔に溜まると喉や鼻腔が炎症を起こすことがあるでしょう。

 

鼻水がたまった喉や鼻腔内は、細菌が繁殖しやすいため膿が溜まりやすくなり、その膿が唾液に混じると、臭いくしゃみが出ます

 

蓄膿症によるくしゃみの臭いは、生ゴミドブの臭いに例えられる不快な臭いで、舌苔や口内の乾燥によるものとは異なると言われています。

 

くしゃみが臭い他に、黄色いネバネバした鼻水が出る、鼻の中が臭いといった症状があったら蓄膿症の可能性があるので、耳鼻咽喉科に行って診てもらうようにしましょう。

臭い対策をしても改善が見られない場合は?

 

口内ケアや蓄膿症の検査・治療をしても、くしゃみの臭いが改善しない場合。

 

もしかすると、消化器系腎臓肝臓など内臓の病気や、糖尿病など生活習慣病が原因となっていることがあります。

 

口臭は病気が原因である場合も、強い口臭があるなら口臭サプリがおススメ

 

出来るだけ早く病院にかかって原因を特定し、きちんと治療するようにしましょう。

まとめ

くしゃみが臭いと感じたら、まずは口内のケアをして清潔にすることが大切です。

 

歯磨きやデンタルフロスを使ってケアを続けても、臭いの改善が見られない場合は病気の可能性も

 

気になる症状がある場合は、病院で診察を受けることをオススメします。

 

同時に、口臭サプリメントも上手に使って、気になる臭いの元から改善しましょう。