酸っぱい口臭は病気かも?!原因を知ってきちんと対策をしよう!

口臭といっても、その種類は様々です。

 

何かが腐ったような臭い、ドブのような臭い、酸っぱい臭いなど色々な臭いがあります。

 

また口臭の原因も、食べ物や飲み物によるもの…

 

虫歯歯周病によるもの、更にはストレスや病気によるものなど多種多様です。

 

みなさんの中に、口臭が何となく酸っぱい感じる人は少なくないかもしれません。

 

酸っぱい口臭は、誰にでも起こり得るものもあります。

 

しかし、病気が潜んでいる場合もありますので、原因を突き止めて早期に対策することが重要です。

 

そんな酸っぱい口臭の原因について、詳しく解説していきましょう。

 

口臭と病気については「口臭は病気が原因である場合も!?強い口臭があるなら口臭サプリを!」で詳しく解説しています。

誰にでもあり得る酸っぱい口臭

 

酸っぱい口臭が発生しやすくなる要因として、口の中の乾燥が挙げられます。

 

朝起きたら、口の中が酸っぱい感じがするという人は多いでしょう。

 

唾液には、口の中の細菌を流してくれる働きがあります。

 

口臭の原因は唾液がくさいから?臭いを解消して口臭も改善しよう

 

しかし、寝ている間は唾液が出にくくなるため、溜まった細菌が原因で酸っぱい臭いがすることも。

 

また、空腹時も口の中が乾燥しやすくなるため、同じような口臭が発生する場合があります。

 

さらに、加齢などによる唾液の分泌量の減少も、口臭の発生要因となるようですね。

 

歯磨きをしていなかったり、磨き残しがあったりした場合も、口の中に溜まった細菌が食べカスを分解して酸を作り出すため、酸っぱい口臭がすることがあります。

唾液の分泌不足による酸っぱい口臭の対策方法

上に挙げたようなことが原因の酸っぱい口臭は、丁寧な歯磨きで改善が可能です。

 

普通に歯を磨くことはもちろん、、舌苔を舌ブラシなどで除去することによって抑えることができますよ。

 

但し、舌ブラシを行うときは力を入れ過ぎないよう気を付けましょう

 

舌磨きはやりすぎNG!舌の汚れが気になるなら迷わず口臭サプリ

 

力を入れ過ぎると、舌の粘膜を傷つけてしまったり、その傷が元で余計に口の中の細菌が増えてしまったりする恐れがあります。

 

空腹や加齢による口の中の乾燥や、それが原因の口臭は、ガムや飴などで唾液の分泌を促したり、水分をこまめに取ることによって緩和できますね。

その酸っぱい口臭、病気が原因かも?

 

先に書いた通り、酸っぱい口臭は誰にでも起こり得ます。

 

しかし中には、糖尿病、過度なダイエットによる低栄養、逆流性食道炎などの病気が原因となっている場合もあるので注意が必要ですよ。

 

糖尿病になると、ブドウ糖をエネルギーとして取り込むための「インシュリン」という物質が不足。

 

その結果、肝臓が脂肪やたんぱく質を分解してエネルギーにしようとする際に、「アセトン臭」と呼ばれる甘酸っぱい口臭や体臭を発することがあるのです。

 

甘酸っぱい口臭、それはアセトン臭かも。原因と対策方法は?

 

また過度なダイエットによって、低栄養状態になった時も、体内のブドウ糖が不足し同様のことが起こります。

 

特に糖尿病は、放置すると失明や神経障害などに繋がる恐れも。

 

糖尿病の初期症状としては、体がだるく疲れやすい、喉が渇く、頻尿、食事を摂っても空腹感があるといったものが挙げられます。

 

こうした症状に気付かない人も少なくないため、年に一度は健康診断をきちんと受けましょう

 

さらに、胃酸の逆流を防ぐ機能がうまく働かなかったり、胃酸の分泌が増えすぎたり、胃酸が食道に逆流することによって起こる逆流性食道炎の場合も、口臭が酸っぱくなることがあります。

 

原因は過食肥満ストレスなど様々なようですが、気になる人は早めに病院に行きましょう。

まとめ

酸っぱい口臭には、歯磨きなどのケアをして改善されるものと、病気が原因のものがあります

 

病気が原因のものは、口臭だけではなく体から臭いを発生することもあるので注意が必要ですよ。

 

口臭が気になり始めたら、原因追及をするのと合わせて、口臭サプリメントでケアを行うことがオススメです。