溝状舌って何?予防方法はあるの?口臭の原因にもなる理由を解説

溝状舌(こうじょうぜつ)という言葉は、聞きなれない方が多いでしょう

 

舌の健康状態や様子は、あまり気にせず過ごしていることが多いですよね。

 

溝状舌とは一体何か?
口臭に対してどのような影響を与えるのか?

 

ここでは、溝状舌について詳しく見ていきましょう。

溝状舌って何?

溝状舌というのは、舌の表面に溝ができるもの

 

遺伝の先天性や疾患による局所症状、感染による後天性があります。

 

最も多いのが、先天性溝状舌で、さらに変形症や奇形、形成異常などに分類。

 

溝状舌は、治療や手術が必要になるものではありませんが、舌を清潔にキープすることが大切になります。

 

溝の深さや数は様々で、薄いスジ程度のものからシワがよるタイプ、深く切り込みのようになった溝なども。

 

また溝状舌は、世界的な人口で見ると約20%、日本人では2.6%ほどの人に見られ、女性よりも男性に多い傾向があります。

溝状舌になると口臭が悪化するって本当?!

 

溝状舌は、舌に溝ができることが症状で、それ以外に痛みやかゆみ、炎症などの不快な症状はありません

 

また、味覚に支障をきたすものでもない為、とくに治療をせずそのままにしておくケースが多くなっています。

 

しかし、覚えておきたいのは、舌に溝があると汚れがたまりやすく、菌の発生元になってしまうこと

 

すると、口内の悪玉菌が優勢になり、口臭を招いてしまいます。

 

さらに舌を不衛生にしておくと、舌炎になる可能性もありますので、普段の口臭予防や口内の健康として、舌を綺麗に維持することが大切だと言えるでしょう。

 

溝状舌がさらに広がると、「地図状舌」と呼ばれる原因不明の赤い部分ができる場合もありますが、この症状もとくに治療は必要ありません。

 

もともと舌には、舌苔と呼ばれる白い苔のようなものがついていますので、溝があるとさらに細菌が活発に繁殖することもあります。

 

舌が白い舌苔(ぜったい)が治らない口臭の原因?治療する方法とは?

 

歯磨きだけでなく、舌磨きも正しく行うことが大切ですね。

溝状舌のケア方法について

 

溝状舌は、ビタミン欠乏全身疾患などが原因になる場合もありますので、気になる場合は病院で相談してみましょう。

 

一般的な場合は、正しい舌のケアで口内のバランスを安定させることが可能です。

 

まず、溝に菌を繁殖させないようにする為には、唾液量を増やし善玉菌を優勢にすることが大切

 

いびきをかきやすい人は、口内が乾燥してしまい溝状舌になりやすいとも言われています。

 

口臭の原因ドライマウスとは?ドライマウスになる原因と対策法

 

普段から水分補給を行い、乾燥を防ぎましょう。

 

また、舌専用のブラシを使って定期的に舌苔を取り除くケアも大切なので、歯磨きと合わせて日頃の対策を行ってください

 

さらに口内環境だけでなく、体の免疫をアップさせることも菌に抵抗力をつける為に欠かせません。

 

睡眠不足が続く時や風邪をひきやすい時期などは、普段から健康を意識した生活を心がけてくださいね。

まとめ

舌の色や形などは、健康状態を示すサインにもなります。

 

溝状舌になると、口臭を招くリスクが高くなりますので、舌の状態に普段から敏感になり適切なケアを行ってください

 

痛みなどの症状がないため、自覚するまでに時間がかかる場合もあります。

 

口臭が気になる時は、溝状舌のチェックも忘れずに行ってくださいね。