口臭を気にしないでキムチが食べたい!臭いの対策法を紹介

ご飯の付け合わせや豚キムチ、キムチチゲなど…

 

いろいろなお料理にも使われるキムチ

 

好物という人は多いと思いますが、食べた後の臭いを気にする人も少なくないでしょう

 

どうしてキムチを食べると口臭が強くなってしまうのか?

 

ここでは口臭となる原因と、臭いを気にせずキムチを食べる方法はあるのか?を見ていくことにしましょう。

キムチを食べた後、口が臭くなるのはなぜ?

 

キムチの臭いの原因としては、発酵食品独特の発酵臭があること。

 

また、にんにくや唐辛子、旨み付けのための塩辛などの魚介類が使われていることが考えられます。

 

口臭が魚介類のような臭い!魚臭い魚臭症の原因と改善方法を解説!

 

にんにくは、切ったりすり潰したりすると、アリシンという物質が発生します。

 

アリシンには、疲労回復効果殺菌効果といった優れた効果がある反面、独特の強い臭いを発生させることが特徴といえるでしょう。

 

さらに、アリシンが体内で分解されるとアリルメチルスルフィドという、より臭いの強い物質に変化します。

 

このアリルメチルスルフィドの臭いは、16時間以上も続くといわれているのです。

 

こちらも、臭いがキツくなる原因の1つと言えるでしょう。

 

また唐辛子には、にんにくと違って臭いを発生させる物質は含まれていませんが、発汗を促す辛味成分が含まれています。

 

汗をかくと体の水分が減少するため、唾液の分泌が抑制されます。

 

口臭の原因は唾液がくさいから?臭いを解消して口臭も改善しよう

 

唾液には口臭を抑える作用があるので、その唾液の分泌が減少した結果、口臭が強くなる傾向があるのでしょう。

 

さらに、キムチに含まれる塩辛やその他の魚介類には、トリメチルアミンオキシドという、魚介類独特の臭いの元となる物質が含まれている点も特徴です。

 

つまり、キムチに含まれるそれぞれの食材が、口臭を発生させる原因になっているといえますね。

 

大切な人と会う用事がある前などは、キムチを食べるのは控えた方が無難です。

 

ですが、付き合いで行ったお店や、家族が用意してくれたご飯にキムチやキムチ料理が出ることもありますよね。

 

何より、「大好きなキムチを我慢するなんでイヤだ!」という方も多いでしょう。

 

そんな方のために、キムチの臭いを和らげる方法をいくつか紹介します。

キムチの臭いを消す方法はある?

 

キムチの臭いの原因はさまざまですが、一番強く、長時間続くのはやはり、にんにくによる臭いです。

 

次のような食べ物や飲み物には、そんな口臭を和らげる効果があるでしょう。

 

まず、牛乳に含まれるたんぱく質は、にんにくに含まれるアリシンを包み、体への吸収を抑えると言われています。

 

キムチを食べた後に、摂取するようにしてみて下さい

 

また、緑茶にもカテキンによる口臭予防効果が期待できます。

 

口臭対策に緑茶が効く!効果的な飲み方とお茶うがいもオススメ

 

他にも、消臭効果があるポリフェノールを含むりんごを食べるのも効果的ですよ。

 

ただ、どれも食後1時間ぐらいまでに摂らないと、効果は薄れてしまう点が難点です。

 

こうしたものを摂れなかった場合は、ブレスケアなどの口臭清涼剤を使っても良いかもしれませんね。

 

そして、食べた後は歯ブラシやデンタルフロス、できれば舌ブラシも使っていつも以上に丁寧に口腔ケアをしましょう。

 

外出先などで歯を磨けない場合は、うがいだけでもした方が臭いも軽減されます。

 

身だしなみとして、日頃から携帯用マウスウォッシュを用意しておくのも良いでしょう。

 

その他にも、お風呂にゆっくり浸かったり、半身浴などによって代謝を促したりすると、臭いの成分を汗と一緒に排出させることができ、翌日に残る臭いを緩和できますよ。

まとめ

美味しいキムチですが、食べた後の口臭や体臭が気になってしまうのも仕方がありません。

 

ですが、いくつかの口臭予防対策があることもわかりました。

 

さらに、こうしたケア方法の他にも、口臭サプリメントを使うというのも、1つの方法として活用されています。

 

効果的な口臭サプリメントをお探しの方は、こちらのサイトを参考にしてみてくださいね。