風邪でくさい口臭が発生する?その原因と予防・対策法を知ろう!

口臭の原因は、食べ物、虫歯歯周病などさまざまです。

 

風邪をひいたときも、口臭が発生しやすくなることをご存知でしょうか?

 

風邪をひくと、鼻が詰まったりして自分ではわからないことが多いです。

 

しかし、身近な人が風邪をひくと、何となくその人の口臭がいつもより強くなっていると感じることはありませんか?

 

風邪をひいた時は、いつも以上に口臭のケアが必要なのです。

 

ここでは、風邪をひくとどうして口臭が強くなるのか?

 

その原因と、予防・対策法も一緒に見ていきましょう。

風邪で口の中の唾液が減ると、口臭が発生しやすくなる

 

風邪の引き始めは特に、鼻水・鼻づまりがひどくなります。

 

そうすると、鼻ではなく口で呼吸しがちになりますよね。

 

口呼吸を続けていると口の中が乾燥しやすくなり、口内の唾液の量が減ってしまいます。

 

口呼吸をする人は口臭に要注意!口臭サプリで口内ケアを!

 

唾液には、口臭の原因となる細菌や、そのエサとなる食べかすを洗い流す作用があるので、唾液が減った結果、口臭が強くなってしまうのです。

 

また、体内に風邪の原因となるウイルスが侵入すると、生態防御反応が働いて熱が出ますよね。

 

ウイルスは低温の方が繁殖しやすいので、発熱によってウイルスの繁殖が抑制される点が特徴です。

 

発熱すると、侵入したウイルスを食べる白血球が活性化され、白血球などの死骸が増えた結果、口臭に繋がるケースも少なくありません。

 

さらに、体温が上がると汗をかいて体内の水分量が減少し、口内の唾液も減ることも、口臭が発生しやすくなる原因と言われています。

 

口臭と唾液については「口臭の原因は唾液がくさいから?臭いを解消して口臭も改善しよう」で詳しく解説していますよ。

風邪薬も口臭の原因になっているかも

風邪薬の多くは、鼻水や鼻づまりを抑えるための、抗ヒスタミン剤という成分が配合されている点も、口臭に繋がる原因と言えるでしょう。

 

鼻の粘膜にウイルスなどの異物が侵入すると、先ほど説明した生態防御反応が働き、ヒスタミンという物質が体内から分泌。

 

ヒスタミンには、鼻の粘膜の血管を拡張させて血流を早くする働きがあります。

 

血液には、ウイルスなどの異物を退治する働きのある白血球が含まれており、ヒスタミンを分泌して多くの血液を送ることでウイルスの侵入を食い止めようとするのですね。

 

また、鼻の粘膜の血管が拡張して粘膜が炎症を起こすと、ウイルスを体外に排出するために鼻水が多く分泌されます。

 

口臭の原因は後鼻漏(こうびろう)かも?改善する対処法と口臭対策

 

この抗ヒスタミン剤によって風邪の症状は和らぎますが、抗ヒスタミン剤には口が渇きやすくなる「口渇(こうかつ)」という副作用があり、それに伴って口内の唾液の量が減少し、口臭が発生することがあるでしょう。

免疫力の低下で口臭の原因菌が増えやすくなる

 

風邪をひくと免疫力が低下し、口内の悪玉菌が増えて活性化しやすくなります。

 

口内の悪玉菌は、活動の際に口臭の原因となる揮発性硫黄化合物が含まれたガスを作るのです。

 

硫黄臭がするようなひどい口臭でも徹底改善する方法

 

そのことも、風邪をひくと口臭が強くなる一因と考えられるでしょう。

風邪による口臭の対策法は?

それでは、風邪に伴う口臭を予防・改善するにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

唾液が減って口臭の原因菌が洗い流されずに増えている状況なので、

  • 水分補給やうがいをこまめに行うようにする
  • のど飴やトローチなどをなめて唾液の分泌を促す

といった方法が挙げられます。

 

重曹でうがいをすると口臭が予防できる?!その噂はウソ?本当?

 

また、風邪をひくと食欲が落ちることが多いですが、無理のない程度に食事をきちんと摂ることで唾液が分泌されやすくなります。

 

その為、口臭対策になると同時に、早期回復が期待できるでしょう。

まとめ

風邪をひくと、口内の唾液が減ることで、嫌な口臭が発生することがわかりました。

 

また、風邪薬や免疫力の低下による原因も考えられます。

 

風邪による口臭を改善するには、十分な水分を摂って、しっかり休息することが一番ですね。

 

また、日頃から口臭に悩まされている方の対処法として、口臭サプリメントを活用することもオススメです。