口臭にイソジンが効く?!その真相と使用する場合の注意点について

口臭に、イソジンが効き目があるという話を聞いたことがある方も多いでしょう。

 

しかし、「本当にイソジンに効果があるの?」と思う方がほとんどですよね。

 

ここでは、どのようにイソジンを口臭対策として使用するのか、また使用の際の注意点について詳しく解説していきましょう。

イソジンの働きについて

イソジンは、風邪の流行シーズンに、うがい薬として大活躍してくれるアイテム。

 

薄めて使うイソジン、フルーティな香りが付いたタイプなど、最近は種類も増えて利用者の好みに合わせて選べます。

 

イソジンの主成分となる「ポピドンヨード」は、殺菌・洗浄・消毒の働きがあり、口内の悪玉菌や真菌、結核菌などウイルス対策としても有効

 

また、口内で発生する悪臭ガスは、硫化水素やジメチルサルファイド、メチルメルカプタンなどの揮発性硫黄化合物で種類によって、臭いの質も異なります。

 

硫黄臭のようなひどい口臭。臭いの原因と口臭を徹底改善する方法!

 

イソジンは、これらの嫌気性細菌の殺菌効果がありますので、口臭にも効果があると言われているのでしょう。

口臭をイソジンで消す方法

 

まず、いつものように丁寧に歯磨きをした後、イソジンでうがいをします。

 

口臭が歯磨きで解決できないときには口臭サプリがオススメ

 

使用方法は、それぞれのイソジンの説明書に従って、適量で希釈濃度を守ってください。

 

うがい液は、口の中の半分ぐらいの量が目安。

 

右、左と一方ずつ口の中でブクブクとうがいをして、上下くちびると歯茎の間も意識してイソジン液で消毒をしてください。

 

同時に、喉の奥もうがいをすると風邪予防にもなりますので、一石二鳥ですね。

イソジンで消えない口臭もあるので注意

 

口臭は、イソジンで対処できる種類だけでではありません

 

イソジンを使ってうがいをしても消えない場合は、ほかの対策が必要になります。

 

例えば、舌苔と呼ばれる舌に付着する白い苔は、雑菌の住処になり口臭を悪化させる原因で、イソジンでうがいしても舌苔を取り除くことはできません

 

口臭と舌苔については「舌が白い舌苔(ぜったい)が治らない口臭の原因?治療する方法とは?」で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

 

また、歯周病虫歯、歯肉炎、鼻や喉の病気による口臭、内臓疾患による口臭は、イソジンでは一時的な効果しかありません。

 

根本から改善するためには、病院で診察を受けて治療をしましょう

 

うがい薬は、イソジン以外にもドラッグストアで販売されているPBブランドが安く手に入ります。

 

そのような商品を購入する場合は、必ず成分の「ポピドンヨード」が含まれているかチェックしましょう。

口臭サプリで対策をすること

イソジンは、風邪予防のためのうがい薬や、口臭改善として様々な用途があります。

 

さらにしっかり口臭予防をするなら、体の内側からアプローチできる口臭サプリも大変効果が期待できるでしょう。

 

口臭は、あらゆる角度から要因を発見することが大切になります。

 

サプリを使ったケア方法は、口内だけでなく体内にもターゲットを置いて口臭予防ができるでしょう。

 

うがいは、風邪の流行シーズン以外でも色々なメリットがありますので、口臭サプリをプラスして効率的な口臭対策をオススメします。

まとめ

口臭は、イソジンを使って対処できる場合もあります。

 

しかし、万が一改善しない場合は、病気などが原因となる可能性も高いでしょう。

 

不安な場合は、耳鼻科、歯医者、内科などを受診して、口臭原因を元から改善することをオススメします。

 

また、口臭ケアに関しては、口臭サプリで体内から臭いの元を消臭する方法がとても効果的

 

イソジンでのうがいや、病院での治療と並行して、口臭サプリを飲んで口臭対策をしましょう。