肺膿瘍って何?くさい口臭には怖い病気が隠れていることも!?

口臭が気になったら、口臭清涼剤を使って臭いを消そうとしたり、歯みがきやうがいを丁寧にして口の中をきれいにしようとする人が多いですよね。

 

ところが口臭には、臭いの強い食べ物を食べたことによるものや、口の中の汚れ・歯周病虫歯以外にも、怖い病気が隠れていることもあるので注意が必要です。

 

その一つが、肺膿瘍(はいのうよう)という病気。

 

肺膿瘍は肺炎の一種で、肺が細菌に感染して炎症を起こすことによって肺組織が破壊され、肺組織が破壊されてできた空洞に膿が溜まる病気。

 

「肺化膿症(はいかのうしょう)」や「化膿性肺炎(かのうせいはいえん)」と呼ばれることもあります。

 

症状の1つとして、何かが腐ったような、あるいは血生臭い口臭が発生することがあります。

 

口の中で血のような味がする!?その原因と対策を知ろう!

 

なぜ肺膿瘍で口臭が発生するのか?原因も含めて、治療法なども詳しく解説していきましょう。

肺膿瘍で口臭が発生するのはなぜ?

先に書いた通り、肺膿瘍になると独特の口臭が発生します。

 

肺膿瘍以外の肺の病気でも、同じような症状が出ることがあるでしょう。

 

肺組織が破壊されてできた空洞に溜まった膿は、白血球や細菌の死骸でできています。

 

その為、腐ったような不快な臭いがし、その臭いは呼吸によって口や鼻から放出され、それが口臭となるのですね。

 

また、肺の空洞に蓄積された膿は痰として吐き出されることもあり、それも口臭を悪化させる要因となります。

 

膿栓(臭い玉)の取り方とは?膿栓のにおい対策で口臭を予防!

 

肺膿瘍の症状は、発熱倦怠感といった一見すると風邪と間違えそうなものが多いので、見過ごされてしまうことも少なくありません。

 

口内ケアをしっかり行っていても、長期間に渡って口臭がなくならない場合は、肺膿瘍などの病気が隠れている可能性が高いので、医師の診察を受けて原因を確かめることが必要です。

肺膿瘍になる原因は?

 

それでは、肺膿瘍になってしまうのは何故でしょうか?
ならないためには、どんなこと気を付ければ良いのでしょうか?

 

肺膿瘍は、口の中のものを誤って肺に吸い込んだ場合などに起こりやすいとされています。

 

肺膿瘍の原因となる菌は、歯槽膿漏などの原因にもなる嫌気性菌で、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、クレブシエラ、大腸菌などが挙げられます。

 

口内が清潔でなかったり、体調を崩して免疫力が弱っているなどで、これらの菌が口の中で増加。

 

それに加え、口内の飲食物や唾液などを誤って肺に吸い込んでしまうと、肺に菌が入り込み、肺膿瘍を発症すのです。

 

また膿瘍は、肺以外の場所にもできることがあり、原因菌が血液に運ばれて肺まで到達して「血行性感染」を引き起こすこともありますよ。

肺膿瘍の予防法と治療法

先ほど書いた通り、肺膿瘍は口内の原因菌が肺に入り込むことによって引き起こされます。

 

そのため、毎日の歯磨きを丁寧に行うことなどによって、口内を常に清潔に保つことが重要と言えるでしょう。

 

また、免疫力が低下していると細菌に感染しやすくなるので、心身を健康に保ち、免疫力を強化することも大切です。

 

過度の飲酒喫煙を慎む、栄養バランスの取れた食事や十分な睡眠、適度な運動を心がけてみて下さい

まとめ

肺膿瘍の治療には、抗生物質が使われることが一般的です。

 

静脈注射や点滴などによって、長期間(数週間〜数ヶ月)に渡る投与が必要とされます。

 

風邪のような症状や生臭い口臭が長期間続いているなど、思い当たることがあったら早めに病院に行くようにしましょう。

 

治療と同時に口臭サプリを活用することで、気になる口臭のケアもできるので安心ですよ。