餃子を食べた後の口臭を早く消す方法とは?サプリでしっかり対策を!

餃子を食べた後の口臭は、にんにく臭がメインとなり、食べた後はしばらく口臭が強くなりますよね。

 

大好きな餃子を食べたくても、デート前や仕事前だとどうしても抵抗になってしまいます。

 

餃子を食べるとなぜ口臭が強くなるのか?

 

ここでは、餃子を食べた後の口臭原因や、予防と対策を詳しく見ていきましょう。

餃子を食べると口臭が強くなるのはなぜ?

 

餃子を食べると口臭がきつくなるのは、「アリシン」と「硫化アリル」と呼ばれる硫黄の化合物が原因。

 

臭いの原因アリシンには驚くべき効果が!口臭を気にせず摂るには?

 

この成分は、どちらも健康に与えるメリットが多いです。

 

ビタミンB1」と結合すると「アリチアミン」へと変わり、スタミナや疲労回復として体のサポートをしてくれるでしょう。

 

餃子を食べると、この成分が血液中に含まれ全身に運ばれ、肺から呼吸として外へ出されるため、口臭が長時間続く傾向があります。

 

アリシンと硫化アリルを含む食べ物は、餃子に欠かせないにんにくニラ、ネギ、玉ねぎなど。

 

そのため餃子を食べると、食事の直後だけでなく、翌日も朝からにんにく臭い口臭になってしまうのです。

翌日の口臭はさらにきつい!

餃子の臭いで注意したいのは、食べた翌日の方がさらに口臭がきつくなるという点。

 

食べた直後は、他の食べ物の臭いと混ざりさほど気にならない時もありますが、翌日になると、腸内の悪玉菌が食べ物を分解する際に腐敗物質を作りだしてしまいます。

 

口臭は腸内環境が原因になることも!口臭サプリで臭いをストップ!

 

硫黄化合物は、分解されると硫黄水素になり、腐敗した卵のような独特な臭いに。

 

さらに成分が全身を巡るため、呼吸だけでなく皮膚からも汗として排出されるため体臭も強くなります

餃子を食べる時の口臭対策方法

口臭を抑制する餃子の作り方がある!

餃子の口臭が心配な時は、臭いの元になるにんにくやニラなどの野菜を入れないことが方法のひとつ。

 

もし使う場合は、野菜の細胞を破壊するほどアリシンが増えてしまうので、粗目に材料を切るとよいでしょう。

牛乳を飲む

牛乳には、にんにくの臭いを消す働きがあり、餃子なら8時間経過しても効果が続くといわれています。

 

餃子を食べる前後に、牛乳を飲み口臭予防をしましょう。

ヨーグルトを食べる 

餃子の口臭は、翌日の方が悪臭になりやすいため、腸内でしっかり分解吸収し悪玉菌を抑制することが大切。

 

ヨーグルトの乳酸菌は、善玉菌を増やして腸内環境を安定させるため、餃子だけでなく普段から口臭ケアをしたい時にも適しています

 

ヨーグルト歯磨きが口臭に効く?!その効果は本当にあるの?

リンゴ

リンゴに含まれるポリフェノールは、アリシンを分解する作用がありますので、餃子を食べるときは欠かせないアイテムです。

 

食事中にリンゴジュースを飲んでもよいですし、食後のデザートとしてリンゴを食べると口臭予防になりますよ。

マスクを使う

どうしても消えない餃子の口臭は、マスクを着用して隠すことも方法のひとつ。

 

臭いの元は改善できませんが、急な場面の対策として行ってくださいね。

 

自分のマスクが臭くなっているなら、あなたの口臭は間違いなく臭い

口臭サプリメント

にんにく料理が好きな人や、口臭の心配をせずに食事を楽しみたい場合は、口臭サプリメントがオススメ

 

体の中から消臭効果が発揮できるので、餃子好きの女性にも安心ですよ。

まとめ

餃子を食べた後の口臭は、なかなか消えない頑固もの。

 

しかし、予防対策をしっかり行っておけば、安心して餃子を食べられますね。

 

身近なもので予防できるので、そういった方法と口臭サプリを併用すれば、さらに安心できるでしょう。

 

また、普段から口臭サプリメントをプラスして、エチケットをしておくことがとても大切です。