口臭から下水のような臭いがする原因は何?治す対策方法はある?

口臭から下水のような臭いがする原因は何?治す対策方法はある?

中高年、特に高齢期になると悩まされる方が多いのが、下水のような臭いがする口臭です。

 

そのような口臭だと、他人とのコミュニケーションも取りづらくなっていくでしょう。

 

まるで汚い排水溝のような汚臭が漂い、話をしているだけでオエッとしてしまうような口臭の原因は?

 

その原因と口臭を改善する方法を詳しく解説していきましょう。

下水口臭の原因はコレだった!!

下水のような臭いがする口臭の主な原因が、胃腸が関係しています。

 

口臭の原因は胃腸にあった?!胃からくる臭いの対策方法とは

 

病気疲れ、ストレスなど、何らかの原因で消化が悪くなってしまうと、胃腸の中で食べたものが腐り始め、発酵しはじめてガスを発生させます。

 

そのまま放置してしまうと、そのガスは下水のような臭いを放ち始めるでしょう。

 

また、体中にそのガスが充満し、肺を通して下水臭が、口から漂って行くことが、下水口臭の大きな原因とされています。

 

また、歯周病を放置しても下水のような臭いがすることがあるので、口内環境の悪化も、下水口臭の一つの理由と考えられています。

 

口内環境を改善することも、下水口臭を治すためには必要なことと言えるでしょう。

 

口臭と歯周病については「歯周病からくる口臭の原因と対策は?サプリで息をスッキリ消臭!」で詳しく解説していますよ。

下水口臭を治すためには??

口臭から下水のような臭いがする原因は何?治す対策方法はある?

 

下水口臭を治すためには、まず根本原因を見つけて、根本原因から治すことが大切です。

 

まずは根本原因を知るために、病気などを発症していないかを、病院に行って検査を行うようにして下さい。

 

万が一病気が原因で口臭が発生している場合は、放置してしまうと病気が悪化する恐れがある為大変危険です。

 

場合によっては、胃潰瘍などを発症している可能性がありますので、痛みが増して来たら手遅れになってしまいますよ。

 

ピロリ菌もくさい口臭の原因に!胃の調子が悪い人は要注意!

 

初期段階のうちに見つけることで、治療も早く済ませることができるでしょう。

 

口臭に悩まされるだけではなく、体調が悪化してしまう恐れがありますので、体のメンテナンスも定期的に行ってください。

 

また、こまめに歯磨きをして、口内環境を整えることも大切です。

 

虫歯や歯周病などを放置していると、下水臭だけではなく、ドブの臭いや、生ごみのような臭いの口臭にも悩まされてしまう恐れがあります。

 

症状が悪化してしまう前に、定期的に歯医者さんに行って、歯石や汚れをケアしてもらうように心がけましょう

まとめ

下水口臭は、正しいケアを行うことで改善することが可能です。

 

とはいえ、下水口臭を自力で治すためにはそれなりの時間と労力がかかりますので、根気がないとなかなか一人で治すのは難しいでしょう。

 

また、根本的な原因が何だかわからないと治しようがなく、どうすれば良いかわからないという方も多いはず。

 

そんな方にオススメなのが、飲むだけで様々な口臭原因を改善することができる口臭サプリメント

 

様々な口臭原因を、飲むだけで解消することができますよ!

 

口臭に長年苦しめられているという方等は特に、簡単に口臭を治すサプリメントなどを使ってみてください。

 

口臭から下水のような臭いがする原因は何?治す対策方法はある?