チョコレートを食べることによって口臭に与えるメリットとデメリット

チョコレートを食べた後に、口臭が気になったという経験はありませんか。

 

糖分が多いチョコレートは、虫歯の原因や肥満の恐れにもつながりますが、意外なところで口臭に与える影響もあります。

 

チョコレートが口臭に繋がる原因になる一方で、口臭予防に効果が期待できることも

 

ここでは、チョコレートを食べることによって、口臭対策としてメリットとデメリットになる点をそれぞれ見ていきましょう。

口臭原因になるチョコレートのデメリット

チョコレートを食べた後に口臭が強くなる原因は、糖分脂肪酸によるもの。

 

チョコレートは、不飽和脂肪酸のために、口内で発生するガスの原因に。

 

また、チョコレートを食べると、口の中が酸性になるので、虫歯菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

チョコレートを食べた後は、なんとなく酸っぱい臭いの口臭になりますよね。

 

酸っぱい口臭は病気かも?!原因を知ってきちんと対策をしよう!

 

酸っぱい酸の臭いは、口内環境を不安定にする原因になり、虫歯だけでなく歯茎にも悪影響になるでしょう。

チョコレートの種類によっては口臭にメリットになることも

 

チョコレートは、口内環境を悪くする原因に繋がるので、食べ過ぎは注意が必要。

 

しかし、種類によっては、口臭対策にメリットになる場合もあるのです。

 

チョコレートの甘さは、砂糖を使用しているためで、風味となるのはカカオ豆を砕いた「カカオニブ」というもの。

 

カカオは、口臭対策や虫歯予防にもメリットがある抗菌作用があり、緑茶に含まれるカテキンよりも効果が期待できると言われています。

 

口臭対策に緑茶が効く!効果的な飲み方とお茶うがいもオススメ

 

チョコレートは、色々な種類がありますので、口臭対策として選ぶなら、抗菌効果が高いカカオが多く含まれたタイプがオススメ

 

カカオ70%以上のチョコレートなら、口臭予防に大変効果がありますよ。

 

また、カカオは血圧降下やコレステロール値を下げる働きもありますので、うまくチョコレートを活用すると健康維持にもメリットになるのです。

カカオの驚くべき効果とは

 

カカオは、ポリフェノールを多く含み抗酸化作用が高いことが特徴。

 

アンチエイジングとして、赤ワインと同様に活性酸素を取り除く働きがあります。

 

体の細胞の劣化を予防することで、歯周病を防ぎ口臭予防にメリットも。

 

歯周病からくる口臭の原因と対策は?サプリで息をスッキリ消臭!

 

また、カカオは食物繊維を多く含み便秘解消になりますので、胃腸内から発生する悪臭ガスを抑制するためにも効果的。

 

しかし、高カカオのチョコレートでも糖分が全く含まれていないわけではありませんので、食べ過ぎは糖尿病肥満の原因になりますのでご注意くださいね。

 

チョコレートは口臭を招く場合もありますが、種類によってはこのように様々なメリットを得ることも可能です

まとめ

チョコレートやチョコレート菓子を食べた後は、歯磨きをして口内を清潔に保つことが、口臭予防虫歯予防にも大切です。

 

カカオが多く含まれたチョコレートなら、逆に抗菌効果が期待できますので、食べるタイミングなどにも注意して口臭対策にチョコレートをうまく活用しましょう

 

口臭ケアは、つい油断してしまう場合もありますので、日常的に口臭サプリを飲むことも方法のひとつ。

 

食べ物による口臭を予防する時には、サプリで体の中から口臭ケアをしておきましょう。