口の中で血のような味がする!?その原因と対策を知ろう!

口の中での味がする…。

 

みなさんの中で、最近口の中が血生臭いような気がする、血の味がする、という人はいませんか?

 

顔をケガして口の中を切ってしまった、誤って口の中を噛んでしまった、歯ブラシなどで口の中を傷付けてしまった…など。

 

原因が明らかに口の中の傷という場合は、軽度であれば口内炎用の塗り薬や貼り薬で処置できます。

 

でも、口の中を傷付けた覚えが全くないのに、口の中で鉄の味がするという場合は、口の中に何かしらの異常があり、鉄臭い口臭も出ているかもしれません

 

ここでは、口の中が血の味がする原因とその対処法について説明していきますね。

口の中で血の味がする一番の原因は歯周病かも

 

まず、口の中の血の味の原因として考えられるのが歯周病

 

歯周病とは、細菌に歯茎を侵されて歯肉が炎症を起こす病気で、歯槽膿漏とも呼ばれます。

 

歯槽膿漏の独特な臭いって?口臭をチェックして早期治療と対策を!

 

歯周病が進行すると、歯を支える骨を溶け、歯が抜けてしまうこともあります。

 

歯周病は、初期段階ではほとんど自覚症状がない場合がほとんど。

 

炎症を起こした歯茎から出血していたり、歯茎の内部に血が溜まっていたりすると、口の中で血の味がするように感じられます。

 

こうした自覚症状が出ている場合、歯周病が進行している可能性がありますので、早めに歯科にかかりましょう

 

歯周病の原因となる細菌は歯垢の中に住んでいるので、歯周病を治すには、歯垢をしっかり取り除くために正しい歯磨きをすることが大切。

 

歯ブラシの他に、歯間ブラシデンタルフロスを使うのも効果的です。

 

ブラッシングの仕方やおすすめの歯間ブラシ、歯磨き粉などについて歯医者さんにアドバイスしてもらうと良いでしょう。

 

また、歯周病の早期発見のためにも、定期的に歯科を受診し、口の中をクリーニングすることをオススメします

歯周病以外で考えられる、口の中の血の味の原因は?

歯周病の他にも、歯の詰め物の金属の劣化でも、口の中で血の味が感じられることがあります。

 

銀歯のある人は要注意!口臭の原因なっている?!サプリで対策を

 

その場合は歯周病の場合と同様、歯科にかかることや歯の定期健診を行うことで予防、治療が可能ですね。

 

歯周病や歯の詰め物の金属の劣化といった口の中の異常以外に、喉や食道、胃あるいは肺の病気などでも口の中で血の味がすることがあります。

 

その場合、風邪などで喉や気管の粘膜が炎症を起こしたり、逆流性食道炎や胃炎などで食道や胃が炎症を起こしている場合も、炎症部分が出血して血の味がすることがあります。

 

いずれの場合も、早めに医者にかかって原因を特定し、必要に応じて治療や薬の処方を受けることが重要ですよ。

味覚障害が原因の場合も

 

口の中の血の味の原因として、これまで説明してきた口の中の異常や、喉や胃などの粘膜の出血の他に味覚障害も考えられます。

 

味覚障害の場合は他の要因とは違って、実際に出血が起こっているわけではなく、味覚が正常に感じられず、「血の味がする」という誤った感覚が引き起こされます。

 

味覚障害の原因には、薬の副作用や亜鉛不足などさまざまなので、医者にかかって原因を突き止め、それに合った治療を受けましょう。

 

味覚に異常がある場合は、耳鼻咽喉科を受診するケースが多いようですね。

 

また、味覚障害は亜鉛が不足すると起こりやすいとされています。

 

牡蠣や牛肉、豚レバー、煮干しなど亜鉛を多く含む食品、場合によっては亜鉛のサプリメントを摂ることで予防や改善が期待できますよ。

まとめ

口の中で血の味を感じるのは、口内環境や隠れた病気が原因の場合があることがわかりました。

 

予防や治療のためにも、早めに病院に通って原因を突き止めることが大切ですよ。

 

すぐに臭いがおさまるという事も難しいので、同時に口臭サプリメントを摂取することをオススメします。

 

口臭ケアに効果的とされていますので、気になる臭いの対策になるでしょう。