臭いの原因アリシンには驚くべき効果が!口臭を気にせず摂るには?

アリシンは、にんにくやネギ、玉ねぎなどに多く含まれており、これらの食べ物の臭いの元となっている成分のこと。

 

このアリシンは、疲労回復や強力な殺菌効果・抗酸化作用、血液をサラサラにするなどの効果があるとされています。

 

そんなアリシンですが、身体にいいとわかっていても、臭いが気になって摂取しづらいという方も多いでしょう。

 

ここでは、アリシンの効果や臭いの対策について説明していきます。

アリシンって何?その効果は?

アリシンとは、硫化アリルとも呼ばれる硫黄化合物の一種。

 

生の食品に含まれる「アリイン」という成分が、切ったり刻んだり、熱を加えることで「アリシン」となるのです。

 

そんな臭いの気になるアリシンですが、次のような健康効果が期待されていますよ。

疲労回復効果

にんにくを食べるとスタミナが付く、疲れが取れる」とよく言われますが、これはアリシンの働きによるものと考えられます。

 

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、疲労を回復させる役割を持っていますが、ビタミンB1単体ではなかなか体内に吸収されません。

 

アリシンは、ビタミンB1の吸収効率を高め、体内に長く留まらせてくれます。

 

アリシンとビタミンB1が結びつくことで、ビタミンB1の働きを高め、持続させることができるのです。

 

口臭と疲労臭については「疲れると口臭が強くなる?その理由と疲労臭を防ぐ方法を紹介」で詳しく解説していますよ。

殺菌効果

アリシンには強い殺菌力抗菌作用があるため、にんにくは昔から食中毒の予防や風邪薬などに使用されてきました。

 

アリシンには、チフス菌やコレラ菌、赤痢菌、サルモネラ菌、ピロリ菌などの病原菌を死滅させる効果があります

 

ピロリ菌もくさい口臭の原因に!胃の調子が悪い人は要注意!

 

アリシンの含まれた食物を摂取することで、病原菌から体を守ることができるのですね。

抗酸化作用

アリシンには、活性酸素を除去する効果もあります。

 

活性酸素は強いストレスや激しい運動、紫外線を浴びること、喫煙などによって体内で生成されるもの。

 

本来は、ばい菌などから体を守るために必要ですが、過剰に生成されると細胞を傷付け、老化を早める原因に。

 

また、活性酸素は悪玉コレステロールを酸化させ、糖尿病など生活習慣病の原因にもなります

 

アリシンには、活性酸素が体に与えるダメージを取り除き、老化防止や成人病の予防効果も期待できますよ。

血液をサラサラにする

アリシンには、血液の流れをスムーズにして血栓をできにくくしたり、動脈硬化を予防する効果もあるとされています。

 

そのため、アリシンを含む食物を摂ることで、脳梗塞心筋梗塞の予防にもなるともいえるでしょう。

アリシンの臭いを防ぐには?

 

アリシンには、様々な効能があります。

 

しかし、アリシンを豊富に含むにんにくネギには、強い臭いがあり、その臭いが気になるという人も多いでしょう。

 

にんにく臭い口臭を改善する方法!原因を解消して口臭すっきり

 

そんな気になる臭いにも、予防する方法はありますよ。

 

それは、消臭効果のある飲み物や食べ物を食事中、または食後に摂ることが、アリシンの臭い防止に効果的です。

 

ポリフェノールには、消臭効果があるとされています。

 

それを多く含む飲み物・食べ物としては、ほうれん草やりんご、ブルーベリー、ワインなどが挙げられますので、参考にしてみて下さい。

 

また、お茶に含まれるカテキンにも消臭効果があります。

 

その他にも、食後に牛乳を飲むと、牛乳に含まれるたんぱく質がアリシンと結びつき、臭いを軽減してくれる効果が期待できるでしょう。

 

そして、食後の歯磨きやマウスウォッシュ等でのうがい、ブレスケア等の口臭清涼剤の使用、口臭防止用のガムを噛むというのも1つの方法です。

まとめ

アリシンは、口臭の原因となってしまいます。

 

しかし、栄養豊富で健康に良いので、臭いを予防する食べ物や飲み物を一緒に摂取してみましょう

 

それでもアリシン特有の臭いが気になるという人は、口臭防止のサプリメントを使用してみてもいいかもしれませんね。