赤ちゃんにも口臭はあるの?臭いが気になったらケアをはじめよう!

赤ちゃんにも口臭はあるの?臭いが気になったらケアをはじめよう!

口臭といえば、大人ばかりが気にするものだという認識がありますよね。

 

しかし、実は赤ちゃんにも口臭の原因があるのです!

 

まだ栄養補給は、おっぱいやミルクが主流でにおいの強いものを食べたりする機会もありません。

 

さらに歯も生えていない、またはほんの数本の乳歯しかないため歯垢や歯肉炎の心配もない赤ちゃんですが、意外と口臭の原因が身の周りにあふれているということを知っておきましょう。

 

口臭の原因は、口の中の汚れや細菌だけではなく、口の中やその奥にある喉、鼻などの病気の可能性も秘めています

 

赤ちゃんの口臭が気になったときの対策と、その口臭を発生させる原因についてまとめました。

赤ちゃんの口臭の原因

 

本来であれば、赤ちゃんの口臭は無臭であることがほとんど。

 

また、少し酸っぱいにおい、ほんのり生臭いにおい程度であることもあります。

 

口臭が生ゴミ臭い原因はなに?サプリで生ゴミのような口臭を改善!

 

そんな赤ちゃんですが、口臭がひどくなる原因をみてきましょう。

口呼吸によるもの

赤ちゃんの口臭がにおうようになる大きな原因として、風邪鼻炎による鼻づまりがあります。

 

鼻が詰まると自然と口で呼吸をするようになるため、口内が乾燥してしまい雑菌が繁殖しやすくなります。

 

赤ちゃんの口臭が気になったら、まずは赤ちゃんが口で呼吸をしていないかどうかを確認して、鼻づまりの有無を調べるようにしましょう

 

また、赤ちゃんは唇が乾燥したり肌が乾燥しているような時には、部屋を加湿してあげる、喉が渇かないようにこまめに水分補給をしてあげるなどのような配慮も必要です。

 

口呼吸をする人は口臭に要注意!口臭サプリで口内ケアを!

口腔ケアをしていない

赤ちゃんでも歯が生え始めたりして、おっぱい以外のものを口にするようになると、口臭の原因である食べかす、歯垢が溜まるようになります。

 

赤ちゃんがおっぱい以外のものを口にするようになったら、しっかりと口腔ケアをしましょう

咽頭扁桃炎

何らかの原因で咽頭や扁桃腺が腫れていると、その部分が炎症を引き起こしにおいを発生することがあります。

 

扁桃腺肥大による口臭を解決する方法

 

それが、口臭となっているというケースもあることを知っておきましょう。

副鼻腔炎

いわゆる蓄膿症という症状ですが、一般的には大人がかかるというイメージが強いものです。

 

しかし、赤ちゃんであっても副鼻腔は存在し、副鼻腔炎になる可能性はないわけではありません。

 

色のついた鼻水が出る、鼻水がにおうという症状がある場合、副鼻腔炎である可能性も捨てきれないので、受診するようにしましょう。

 

口臭と蓄膿症については「蓄膿症が原因の口臭ってどんな臭い?症状に応じた対策で改善!」で詳しく解説していますよ。

たくさんよだれが出ているのを放っておく

唾液は、口内の自浄作用において非常に大切な役割を果たすとともに、体に入ってこようとする細菌や雑菌の抑制をするとい重要なもの。

 

しかし、たくさん出てくる赤ちゃんのよだれを放置してしまうと、それ自体が雑菌繁殖の温床となってしまうこともあります。

 

よだれをこまめに拭いて口の周りの清潔を保ってあげるようにすることで、よだれによる雑菌繁殖が原因の口臭を予防することができます

赤ちゃんの口臭対策

赤ちゃんにも口臭はあるの?臭いが気になったらケアをはじめよう!

 

上記のように赤ちゃんであっても、見の周りにはたくさんの口臭の原因があります。

 

取るべき対策としては、原因を予防するということに尽きるといえますね。

 

鼻づまりをチェックし、口呼吸による口腔内の乾燥がないかを確認してみましょう

 

口の中だけでなく、大きく口を開いた時に喉の奥の方に異常がないかどうか…

 

異常な鼻水などが出ていないか、よだれを常にキレイにふいたり、スタイなどをこまめに交換するということも行いましょう。

 

そして、歯が生え始めているようであれば、口腔ケアを始めるようにしましょう

あまりに口臭が酷い場合は受診しましょう

口臭対策をしても、赤ちゃんの口臭がいつまでも改善しないようであれば、他に何らかの原因が潜んでいる可能性もあります。

 

赤ちゃんの口臭に異常を感じたら、受診するようにしましょう。

 

口臭は病気が原因である場合も、強い口臭があるなら口臭サプリがおススメ

世話をするママやパパも口臭に気をつけるべき

赤ちゃんの世話をするママやパパ、家族も口臭予防をしておくことも大切ですよ。

 

赤ちゃんと至近距離で語りかける、赤ちゃんの世話をしているうちに、家族の唾液や口内の細菌が赤ちゃんの口に入るという可能性も高いからです。

 

大人や周囲がしっかりと口臭を予防しておくということは、自分たちの口内で大繁殖した細菌や雑菌を赤ちゃんに移さない、将来の赤ちゃんのお口の中の健康を守り、口臭を予防することにつながるのです。

 

大人や家族も、しっかりと口腔ケアをしておくようにしましょう

 

その際に利用するツールとしてオススメなのが、口臭サプリです。

 

口臭サプリであれば赤ちゃんの世話をしながらも、手軽に口臭を予防することができますよ。

 

口臭サプリをいつも身近におきながら、赤ちゃんのお世話をすることをオススメします。

まとめ

かわいい我が子の口臭には、気が付きにくい場合もあります。

 

口臭が発生しているということは、口の中が何らかの原因で清潔さを欠いているということ。

 

免疫力の弱い赤ちゃんは、口の中に入り込んだ雑菌によって体調を崩してしまうこともあります。

 

赤ちゃんの口臭が気になったら、すぐに原因は何なのかを突き止め、その原因に対処するための口臭対策を始めてみましょう。

 

また、赤ちゃんの口臭を予防すると同時に、お世話をするパパやママ、家族もしっかりと口臭ケアをすることをオススメします。

 

赤ちゃんに、自分たちの口内細菌や口臭の原因菌を移さないようにしましょう

 

赤ちゃんのお口の中を守るのは、親の役目です。

 

自分からの口臭原因を赤ちゃんの口臭原因としてしまうことがないように、普段からしっかりとケアするようにしましょう。

 

赤ちゃんにも口臭はあるの?臭いが気になったらケアをはじめよう!