甘酸っぱい口臭、それはアセトン臭かも。原因と対策方法は?

アセトン臭」という言葉を聞いたことはありますか? 

 

アセトン臭とはどんな臭いなのでしょうか?

 

アセトン臭は、甘酸っぱい感じの臭いで、リンゴや柿などの果物が腐ったような臭いに似ているとよく言われます。

 

また、アセトンはマニキュアの除光液などにも使われているので、マニキュアを使ったことのある人なら何となくイメージできるかもしれませんね。

 

そんなアセトン臭の原因や予防法について、詳しく解説していきましょう。

アセトン臭の原因と、アセトン臭が生じる理由は?

 

そもそも、アセトン臭はどのようにして生じるのでしょうか?

 

その原因の大半は、糖尿病極度のダイエットだといわれています。

ダイエット中の人は要注意

キレイになるために、ダイエットに励んでいる人はたくさんいますよね。

 

でも、やりすぎには要注意!です。

 

もしかしたら、アセトン臭の原因になっているかもしれません。

 

極度の食事制限をすると、体内のブドウ糖が不足し、肝臓が脂肪を分解してエネルギーにしようとするため、アセトン臭を発するようになります。

 

口臭とダイエット臭については「ダイエット臭って何?無理なダイエットや食事制限は要注意!」で詳しく解説していますよ。

糖尿病の特徴的な症状の一つ

糖尿病でインシュリンが不足したり、その働きが弱まったりすると、エネルギー源であるブドウ糖をうまく細胞に取り込むことができません。

 

そして、肝臓がブドウ糖の代わりに、体内の脂肪を分解してエネルギー源にしようとします。

 

脂肪やたんぱく質が分解されると、アセトンという物質が発生し、体や口から独特の臭いであるアセトン臭を発しやすくなるのです。

 

糖尿病が原因で口臭が臭くなる?改善するための対策方法とは

アセトン臭を防ぐには?

 

口からアセトン臭がするという人の中には、歯磨きマウスウォッシュなどを使って治そうとする人も多いです。

 

口臭が歯磨きで解決できないときには口臭サプリがオススメ

 

しかし原因は、口の中ではなく体内にあるため、あまり効果は期待できません

 

ダイエット中にアセトン臭を感じたり、人から指摘されたりした場合は、ダイエット方法に無理がないか、今一度確認してみましょう。

 

食事を極端に減らすのではなく、適度な運動を取り入れ、栄養バランスを考えた食事を摂るようにしてみて下さい。

 

また、最近流行している「低炭水化物ダイエット」も、やりすぎると危険です。

 

このダイエットをしている人の中には、全く炭水化物を取らない人もいるようですね。

 

ですが、炭水化物は体内で分解されてブドウ糖に変わるため、極度に炭水化物を減らすと体内のブドウ糖が不足し、アセトン臭の元となってしまいます。

 

「低炭水化物ダイエット」をしている人は、正しいやり方をきちんと調べた上で行いましょう。

 

特にダイエットをしていないという人で、アセトン臭が気になる場合は、糖尿病の前兆かもしれません

 

糖尿病は年齢の高い人の病気というイメージが強いようですが、ジャンクフードや清涼飲料水の摂りすぎなどで、最近若い人にも増加傾向にあります。

 

少しでも気になったら、早急に医者にかかることをオススメします。

まとめ

アセトン臭の原因は、極度のダイエットと糖尿病だということがわかりました。

 

アセトン臭のような口臭が気になったら、病気のサインかもしれませんので見逃さないようにしましょう。

 

また、痩せて綺麗になっても、そのせいで口臭の原因の元を作ってしまっては元も子もありません。

 

食事を摂らないなどの極度のダイエットは避けて、栄養バランスの取れた食事と適度な運動を心がける事が大切ですよ。

 

それでも口臭が気になり始めたら、サプリメントを使って口臭ケアをすることも効果的です。